心ごと

プレイセラピーって?子供に対するカウンセリングについて

カウンセラーが子供とカウンセリングを行う際、ほとんどは遊びを通じてカウンセリングを行うプレイセラピーが行われます。しかし、プレイセラピーを知らない人からすれば「ただ遊んでいるだけなのでは?」と思うかもしれません。

 

ここでは、プレイセラピーについて詳しく説明していきますね。

 

プレイセラピーとは?

 

 プレイセラピーとは、いわば「おもちゃを媒介にした、子供とのカウンセリング」です。

通常、カウンセリングとは【言葉を使って対話しながら、クライエントの悩みについて探求していくこと】を指します。

 

しかし、子供の場合は言葉を使って自分の心の中について内省したり表現したりすることがむずかしいので、プレイルームという沢山のおもちゃがあるところで遊ぶことでカウンセリングを行います。

 

子どもにとっての遊びは、大人にとっての言葉の代わりになります。例えば、いじめられている子供は、言葉では表現することができなくても、おもちゃを使っていじめる遊びをするかもしれませんし、両親の不仲を心配する子供はその不安を夫婦役の人形で表現するかもしれません。

 

子供は、言葉で心の中を表現できなくても、遊びの中で表現することができるのです。

プレイセラピーは、遊びを使ったカウンセリングと言えます。

 

プレイセラピーの目的

 プレイセラピーもカウンセリングと同様に、子供に対して「この問題はこうしたらいいよ」などとアドバイスをするものではありません。子供の持つパワーを信じ、そのパワーを引き出すように関わります。

 

プレイセラピストに求められる目的は、【子供が持つ内的に方向づけられた、建設的な前へと動く、創造的な自己治癒力を解き放つやり方で関わること】です。

 

もうすこし柔らかく言うと、大人と同じように、子ども自身にも自分の悩みに対して自分で考え、答えを見つける力があります。

 

現実の世界ではまだ取り扱えない問題でも、遊びの中では取り扱うことができます。遊びの中で問題を取り扱う過程で、自分と問題との関係性を見直し、問題を克服していくのです。

 

そのため、プレイセラピストは子供のもつパワーを引き出すような関わりを、プレイルームの中で行います。

 

プレイセラピストに求められる態度と反応

ただ、子供と一緒に遊んでいるだけでは子供のもつパワーを引き出すことはできません。子供の力を引き出すために、プレイセラピストに求められる要素について説明していきますね。

 

自由な表現を促す態度であること(関心・受容・共感)

子供にとって、遊びで表現することがためらわれるような関係性であれば、子供は問題を取り扱うことができません。そのため、プレイセラピストは子供に関心をもって関わり、子供のどんな行動にも善悪の評価を下すことなく受容し、子供の感じる感覚、感情について共感することが求められます。

 

このような態度で接することで、子供は自由な表現をすることが促され、自分のペースで自分の問題を取り扱うことが可能になります。これは、大人とのカウンセリングにも通じる態度です。

 

一貫しており、予測可能な存在であること

また、プレイセラピストやプレイルームは、一貫していて予測がしやすいことが必要になってきます。これは皆さんも同じだと思いますが、いつも同じ環境にいることで安心感が生まれますよね。

 

逆に、プレイセラピストが感情的で、その日によって態度が変わったり、部屋の様子が毎回変わっていたりすれば、子供は不安を感じ、自由な表現をすることができなくなってしまいます。

 

子供の内的な力を信じること

先程も言いましたが、子供は自分の悩みについて、自分で解決できるだけの力が備わっています。そのため、プレイセラピストもその子供の力を信じて、待つことが重要になってきます。

 

また、子供の力を信じてくれる大人がいて始めて、子ども自身も自分の力を信じることができるのです。

 

プレイセラピーの効果

プレイセラピーは、子供が現実世界では取り扱えない問題を遊びの中で取り扱うことができ、それによって子供が問題に向き合い、自身の力を活かすことを促すという点で効果があります。

 

また、それだけではなく、子供が取り扱いきれない感情をうまくまとめさせるという効果もあります。

 

子供は、大人からの反応や評価を、良くも悪くも自分のものとして取り入れます。例えば、親が子供を「太郎ちゃんは、世界一かわいいねえ」と関わることで、子ども自身も「僕は世界一可愛いんだ」と思うようになります。

逆に、「お前はダメだ」と言われ続けていれば、子供も「自分はダメな存在なんだ」と思うようになるでしょう。

 

プレイセラピストは、子供を良し悪しで評価することはしませんが、子供の肯定的・否定的な感情どちらも興味をもって聴き、受け入れ、共感します。

そのような態度を子ども自身も取り入れることで、自身の肯定的・否定的な感情をより穏やかな形で受け入れ、扱えるようになるのです。