心ごと

【臨床心理士って必要なの?】心理士の専門性について

こんにちは、心理大学院生のsunaoと申します。

私は今臨床心理士になるために大学院で勉強しているわけなのですが、よく「心理士ってなんの仕事するの?」「心理学を学んで何ができるの?」など、けっこうな頻度で聞かれます。

 

それは心理士として働いてからも同じです。同じ職場の人にも、上司にも、クライエントにも、「心理士として何ができるのか」をしっかりと伝えられなくては、心理士として専門的な仕事ができなくなってしまいます。

 

そこで、ここでは心理士は何ができるのか、また心理士としての専門性について説明していきたいと思います。

 

 

 

心理士のしごとってなに?

 

 「心理士ってどんな仕事しているの?」と疑問に思われるかたも多いかと思います。正直、私もいまだに完全には把握しきれていません(てへ)

 

でも、それくらい心理士の仕事の内容は幅が広すぎて、それぞれの職場ごとに求められる業務内容が異なります。「人の心」を扱う仕事ですから、そりゃ幅が広くて当然ですよね。

 

日本臨床心理士資格認定協会さんが言うには、臨床心理士に求められている4つの専門業務というものがあります。【臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・上記の業務に関する調査・研究】なのですが、1つずつ簡単に説明していきますね。

 

臨床心理査定

 

種々の心理テストや観察面接を通じて、個々人の独自性、個別性の固有な特徴や問題点の所在を明らかにします。また同時に、心の問題で悩む人々をどのような方法で援助するのが望ましいか明らかにしようとします。

 

臨床心理面接

 

来談する人の特徴に応じて、さまざまな臨床心理学的技法(精神分析夢分析、遊戯療法、クライエント中心療法、集団心理療法、行動療法、箱庭療法、臨床動作法、家族療法、芸術療法、認知療法ゲシュタルト療法、イメージ療法など)を用いて、クライエントの心の支援に資する臨床心理士のもっとも中心的な専門行為です。

 

臨床心理的地域援助

 

専門的に特定の個人を対象とするだけでなく、地域住民や学校、職場に所属する人々(コミュニティ)の心の健康や地域住民の被害の支援活動を行うことです。

 

上記の業務に関する調査・研究

 

心の問題への援助を行っていくうえで、技術的な手法や知識を確実なものにするために、基礎となる臨床心理的調査や研究活動を実施します。高度専門職業人として、自らの専門資質の維持・発展に資するきわめて重要な自己研鑽に関する専門業務といえましょう

 

大きく分けて、これらの4つの業務が心理士の専門的な業務内容だと言えます。

ただ、これらの4つの業務すべてを1つの職場で行っているということは少なく、病院などでは心理検査がメイン、相談室などでは心理面接がメインなど、どれかの業務に偏って仕事をしています。

 

 

心理士は何ができるの?

 

では、業務内容がわかったところで、心理士は何ができるのかについて説明していきますね。

 

心理士は、薬を出すわけでもないし、占い師のようにアドバイスをして問題を解決するわけではありません。そう考えると、ますます「心理士は何ができるの?」となってしまいます。

 

私は、心理士は「人の心を読み解くこと、相談者が前を向いて歩き出せるように手伝えること」ができると思っています。

 

心理学大学院では、もちろん人の心についてしっかりと学んでいきます。その中で、フロイトなどの心についての理論をもちいて、相談者の心を読み解くヒントにします。

 

「心理士でも人の心を読むことはできない」のは間違いありませんが、「他の職業よりかは人の心を読み解くことはできる」のも間違いありません。

 

また、カウンセリングについての知識・スキルも学びますので、「相談者した人が心の中で問題を整理して、前へと進んでいくことを促せる」聴き方、関わり方ができます。

 

 

心理士の専門性とは

 

 心理士の専門性とは、「人の心を読み解くこと、またその情報をもとに援助をする、もしくは情報を共有して間接的に支援していくこと」だと思います。

 

心理士は、人の心を理解するための知識や、心理テストなどのツールを駆使して、人の心の深いところにまで考察を進めることができます。

また、心理療法やカウンセリングを用いて、相談者を直接的に支援することができるし、または知り得た情報を共有することは、学校・病院・会社など多くの領域でも有用だと考えられます。

 

例えば、学校では不登校児や非行少年、病院では精神疾患の患者さん、会社ではうつ病の方など、どの職場でも「心の問題を抱えているひと」は存在しますし、それらの方に対してケアや支援ができるのは心理士ならではなのではないかと思うのです。

 

 

 

もともと、私が心理士を志したのは、辛い時に誰にも相談できる大人がいないからでした。

そんなときに、せっかく学校にはスクールカウンセラーがいるのに、「カウンセリングはどんなものかわからない」「心理士ってどんな人?」などとわからないことばかりで不安に思い、相談できないことはすごくもったいないことだと思うのです。

 

心を読みとき、理解しようと努め、悩んでいる人にとって「この人は私を理解してくれる、私は一人じゃないんだ」という感覚をもたらしてくれる人が心理士です。

 

誰にも相談できずに、孤独で悩んでいる人を日本から無くすためにも、心理士としての専門性を押し出し、仕事を認めてもらう義務があります。そのために、このブログではこれからも発信し続けていきますので、これからもよろしくお願い致します(急にかしこまる)